恋もキレイも自由にdesign
あなたのダイエタリーライフがここにみつかる

  1. トップ
  2. 特集
  3. 見た目もオシャレでメリットいっぱいジャーサラダダイエット

見た目もオシャレでメリットいっぱいジャーサラダダイエット

 

 

ニューヨークの女性たちの先駆けで巻き起こったジャーサラダの人気ブーム。

 

新鮮や野菜などをお洒落に瓶に詰めたものです。

 

野菜をたっぷり食べられますし、見た目もオシャレですし、瓶に詰めるだけなので短時間で作れて、しかも作り置きもできるので便利です。

忙しい毎日でも楽しく美味しくダイエットが続けられそうですね。

 

では詳しく紹介していきます。

 

ジャーサラダとは?

 

ジャーサラダに使う容器はガラスのもので、アメリカでは100年以上もの歴史ある保存容器です。

日本でもジャムなどを作った時、ガラス製の瓶に詰めて保存しますよね。

話を戻します。

 

密封力が高く、ニオイがうつらないことが特徴です。

ここに野菜を詰めて密封することで、その野菜が新鮮なまま冷蔵庫で4~5日間も保存可能ですよ。

 

 

ですから、たとえば週末に翌週のランチサラダをまとめて作り置きしておくことが可能ということになり、短時間で支度もできて便利です。

 

ジャーサラダがダイエットに良いワケとは

 

ジャーサラダは、繰り返しになりますが密封力の高い瓶に野菜を詰めたもので、それをランチに食べることで新鮮野菜を取り入れることができてダイエットにも美容にも良いことが一目瞭然です。

新鮮野菜をモリモリ食べることで、お腹もいっぱいになって、しかもお洒落なのでダイエット中のランチにオススメです。

 

ジャーサラダのレシピ・作り方

野菜を瓶に詰めたものをジャーサラダということはわかったけれど、具体的にどのようなものを、どのように詰めたら良いのかわかりませんよね。

 

そこで、ジャーサラダレシピを具体的に2つ紹介していきますね。

 

ショートパスタを入れてボリュームランチ

参照元 レシピブログ:http://www.recipe-blog.jp/profile/20966/recipe/1055394

 

1つ目は、数種類の野菜とショートパスタを使ったジャーサラダレシピです。

 

材料

・マテルネオレンジコンポート大さじ2

・リンゴ酢大さじ2

・オリーブオイル大さじ2

・塩小さじ1/2

・ブラックペッパー適量

・ミックスビーンズ50グラム

・パプリカ(黄色)1/4個

・ミニトマト6個

・新玉ねぎ1/6個

・ブロッコリー1/3房

・ショートパスタ60グラム

・ミックスリーフ30グラム

 

作り方

 

1、オレンジコンポート、酢、オリーブオイル、塩、ブラックペッパーを入れてよく混ぜます。

 

2、ショートパスタは、お湯の10%の塩で茹でて、くっつかないようにオリーブオイル(分量外)を混ぜておいてください。

 

3、ブロッコリーは固めに塩ゆでして、新玉ねぎはスライスし他の野菜は洗って水切りをしっかりしてください。

 

4、ジャーに「1」で作ったドレッシングを入れて、ミックスビーンズ→パプリカ→ミニトマト→新玉ねぎ→ブロッコリー→ショートパスタ→ミックスリーフの順に詰めてください。

 

5、材料をしっかり詰めて蓋をしたら冷蔵庫に保存して食べる時に瓶を振ってドレッシングを混ぜて食べてください。

 

コーヒーやクラッカーを添えると更にボリュームアップしますね。

 

では、このジャーサラダで使った材料の栄養成分やダイエットにもたらす効果についてお話します。

 

ミックスビーンズでおしゃれに栄養アップ

ミックスビーンズとは、ひよこ豆や青えんどう、赤インゲン豆の組み合わせが一般的ですが、金時豆や和豆などお好みで組み合わせてOKです。

 

豆の種類により少し異なるかもしれませんが、食物繊維が豊富ですし、栄養価がとても高いです。

ダイエットにも美容面にも健康にも役立ちます。

 

カラフルなパプリカでビタミンチャージ

パプリカは、赤、黄色、オレンジがあります。

今回は黄色のパプリカを使用しています。

 

黄色のパプリカはレモンと同じですが、栄養面もレモンと同じくビタミンCが豊富に含まれています。

美肌や美白の働きかけ、エイジングケアにも期待できますよ。

 

赤は脂肪燃焼の働きや血流促進、オレンジは生活習慣病予防の働きが期待できます。

 

自分に合った色のパプリカを取り入れても良いですね。

 

ダイエッターに嬉しいミニトマト

ミニトマトは、ビタミンもミネラルも食物繊維も豊富です。

 

普通の大きいトマトと比べるとリコピンやβカロテンなどの栄養価はミニトマトの方が高いのです。

リコピンは抗酸化作用や血液中の中性脂肪の量を減らす働きをしてくれるのでダイエットに向いています。

 

 

新玉ねぎをチョイスすると美容ケアも

年間通して売られている玉ねぎに対し、春に旬を迎える新玉ねぎですが、実際は栄養価に違いはありません。

 

ですから、ここで紹介する栄養面や期待できる効果については、新玉ねぎと玉ねぎのどちらにも共通しています。

 

美容にも健康にもダイエットにも本当に様々な働きをしてくれる新玉ねぎの効果ですが、ここではダイエットと美容に関係していることを紹介しますね。

 

・血糖値を下げてくれます。

・血液サラサラ機能があるので、美肌作りまでできます。

・活性酸素をお掃除してくれる様々な抗酸化物質が豊富に含まれていてアンチエイジングが期待できます。

・老廃物をすっきりしながら脂肪燃焼してくれるのでダイエットに良いです。

 

最強の野菜ブロッコリー

ブロッコリーには、食物繊維やビタミン類が豊富で、ミネラルも含まれています。

最強の野菜と呼ばれています。

 

その中でもスルフォラファンには、解毒作用や抗酸化作用、花粉症抑制やピロリ菌除菌、肝機能アップや内臓脂肪の蓄積防止も期待でき大注目されています。

 

ダイエットにも日々の健康にも積極的に摂りたいですね。

 

どの野菜も栄養価が高くダイエットにも向いていますね。

 

野菜だけではない!タンパク質も摂れるジャーサラダ

参照元 レシピブログ http://www.recipe-blog.jp/profile/80770/recipe/861819

 

2つ目は、お休みの日に作り置きはできませんが、朝作っておくと学校や仕事から帰った時にすぐに簡単に食べられるオススメのジャーサラダです。

卵とシーチキンも入れるのでタンパク質も同時に摂れますよ。

 

材料

・オリーブオイル大さじ1

・塩コショウ適量

・シーチキン1/2缶

・オリーブ2粒

・ゆで卵1つ

・ミニトマト3つ

・レタス等、生食用の葉野菜をお好みで

 

作り方

1、 オリーブは種を抜いて八等分に切ります。

ゆで卵も八等分に切ります。

ミニトマトは半分に切ります。

 

2、 材料をオリーブオイル→塩コショウ→シーチキン→オリーブ→ゆで卵→ミニトマト→葉野菜の順番に入れます。

このとき、葉野菜は瓶の蓋ギリギリまで入れてください。

 

3、 食べる時、瓶を振って食べてください。

 

では、1つ目のレシピと同様に、このジャーサラダで使った材料の栄養価やダイエットにもたらす効果についてお話します。

 

シーチキンは高たんぱく低糖質な食べ物

シーチキンと聞くと、高カロリーでダイエットに向かないのではないかと思われるかもしれませんね。

 

しかし実際は高たんぱく質で低糖質な食べ物なので、ダイエットに向いています。

シーチキンは、マグロまたはかつおが使われているので、もちろん魚の栄養素も摂れますね。

 

アミノ酸スコアがとても優秀!ゆで卵

 

ゆで卵は、まず腹持ちが良い点が嬉しいですよね。

ダイエット中は空腹との闘いが辛い点の1つです。

その点、ゆで卵は腹持ちが良いのでダイエットの味方です。

 

しかも脂肪燃焼効果が期待できます。

筋肉を大きくしてくれる働きがあるので、代謝が上がって脂肪が燃えやすくなるのですね。

 

また消化にパワーを使うので代謝もアップしますよ。

 

しかもダイエット中は、何かと栄養面で不足しがちになることがありますが、ビタミン類やカルシウム、ミネラル等が豊富なので栄養面も補ってくれてダイエット中の味方になってくれます。

 

ミニトマトとパプリカについては、1つ目もレシピで紹介したので省力させてもらいます。

 

いかがすか?

 

ジャーサラダは、作り置きができて、しかも短時間で作れて、便利ですし、お好みの材料で美味しく食べられて、ダイエットにも向いています。

見た目もオシャレですし、早速ジャーサラダダイエットに取り組んでみませんか。

そのほかの関連商品