恋もキレイも自由にdesign
あなたのダイエタリーライフがここにみつかる

  1. トップ
  2. 特集
  3. 美しさの秘訣は内側から!インナービューティーダイエットを始めよう

美しさの秘訣は内側から!インナービューティーダイエットを始めよう

 

体重さえ減ればそれでいい。

ダイエットってそんなに単純なものではありませんよね?

 

どうせ痩せるなら美しくなりたいはず。厳しい運動や食事制限をして痩せたのに、お肌がボロボロ、心はズタズタ、そんな状態では喜ぶことはできません。

 

目標体重を目指すだけのダイエットはもう古いのです。インナービューティーダイエットで内側からきれいを目指しませんか?

 

 

インナービューティーダイエットで心と体を美しく

 

インナービューティーダイエットで大切なことは日々の食事。ダイエットといっても単なる低カロリー食ではありませんよ。

 

体の内側から働きかけるのがポイントです。

 

インナービューティーダイエットってなに?

 

インナービューティーダイエットは日々の食事を改善し、美と健康を目指すダイエット法です。

いわゆる食事系のダイエットですが、中身はそう単純ではありません。

 

料理・腸内洗浄・肌の潤いキープ・精神安定などがセットになっている画期的なダイエット法なのです。

 

体重を減らせばいいという従来のダイエットとは違い、食事を見直すことで内側からきれいを育てていきます。ダイエットでもありますが、美容や女子力アップにも役立ちますよ。

 

カロリーではなく素材の質が大切

 

インナービューティーダイエットで一番大切なことは食生活の改善です。

体の内側を整えるためには、それ相応の食材を使わなくてはいけません。

 

旬の食材・全粒穀物・無添加食品などがおすすめ。

 

旬の食材はエネルギーの源です、その時期に必要な栄養成分がたっぷり含まれています。

全粒穀物とは玄米や雑穀などの精製していない穀物のこと、全粒粉を使ったパンやパスタもOK。

 

食品添加物は内臓機能の低下や味覚を鈍くする原因になります。低カロリーに踊らされて添加物がたくさん使われている食品をとるのはダメ。

 

これを食べたら体が喜ぶ、パワーになるという食材を選ぶことが大切です。

 

継続を意識した食事法とは

 

インナービューティーダイエットは、減量後も健康維持や美容のために継続できるようになっています。

 

・食事は栄養バランスを考えて毎日3食

・米やパン・肉・魚などを食べてもOK。

 

厳しい制限がないため、ダイエット成功後もインナービューティーダイエットのノウハウを活かすことができます。

 

心や体にいい習慣は継続してこそ意味があるのです。途中でやめたら元の状態に戻ってしまいますよ。

 

インナービューティーダイエットを実践しよう

 

インナービューティーダイエットの基本は食事です。大切なのは、腸の健康を意識したメニューを心がけること。

 

以下のポイントを押さえて、体の内側をケアしちゃいましょう。

 

1口30回噛んで食べる

食事はゆっくり時間をかけてとること、1口30~50回噛んで味わってください。

 

早食いは食べ過ぎの元です。満腹中枢は食事を始めて20分くらいで感知するため、噛まずに食べてしまうと満足感を得ることができません。

 

ご飯のおかわりやデザートに手が伸びてしまいますよ。

 

噛む回数を増やすと素材の味を感じられますし、日々の食事をより楽しむことができます。

自然に感謝の念が生まれ、体と心の両方にいい影響を与えてくれるのです。

 

腸に働きかける食品をとる

 

食物繊維と発酵食品は腸の健康に欠かせません。食物繊維は腸の働きをサポートし腸内環境の改善に役立ちます。

 

腸内が整えば老廃物の排出がスムーズになりお通じもよくなりますし、肌質も変わるため内側のケアに最適です。

 

食物繊維は全粒穀物や野菜・根菜・ネバネバ食品などに含まれています。

 

発酵食品には生きた菌がたっぷり入っており、様々な方向から腸をサポートします。

善玉菌を増やして腸内環境を整える、基礎代謝をあげて痩せやすい体を作る、血液をサラサラにする、悪玉菌と戦うなど。体の内側にいい影響を与えてくれますから積極的にとりたいですね。

 

ヨーグルト・味噌・塩こうじ・黒酢・酒粕などがおすすめ。

 

発酵食品は栄養価が高くコクもあるため料理に役立ちます。

塩や白砂糖の代用品として使うのもアリですよ。

 

新鮮な野菜を食べる

 

新鮮な野菜には微量栄養素であるビタミンやミネラルが含まれています。

 

微量栄養素は成長や健康維持に欠かせませんし、糖質や脂質をエネルギーに変える働きもあるためダイエットにぴったりです。

 

食事を効率よくエネルギーに変換したいなら、毎日ビタミンやミネラルをとること。

全粒穀物・乾燥まめ・のりなどにも含まれていますよ。

 

植物性タンパク質をとる

 

植物性タンパク質が豊富な食材は米・小麦・大豆・納豆・豆腐など。インナービューティーダイエット向きの食材なら大豆製品ですね。

 

大豆製品にはイライラ予防になる「セロトニン」という物質の材料「トリプトファン」が含まれているため心の安定にも最適。タンパク質は体を構成する栄養素です。

 

筋肉・皮膚・髪・爪・臓器など様々なものを作る材料になっていますし、免疫力を高めるためにも必要ですから不足すると不調の原因になります。

 

肉や魚・卵・乳製品などの動物性タンパク質も食べていいのですが、とり過ぎると悪玉菌を増やしてしまうため気を付けること。一切やめるのではなく工夫して食べましょうね。

 

インナービューティーダイエットで本当の美を手に入れよう

インナービューティーダイエットの基本はバランスのとれた食事です。

痩せたいからといって極端な食事制限をしてはダメですよ。

 

・旬の食材や全粒穀物など体が喜ぶ食材を使う

・よく噛んで味わって食べる

・発酵食品や食物繊維が含まれている食材を使う

・新鮮な野菜を食べる

・タンパク質は大豆や納豆などの植物性を中心に

 

3食しっかり食べて内側からきれいを目指します。

インナービューティーダイエットで見せかけじゃない、本当の美を手に入れちゃいましょう。

 

そのほかの関連商品