恋もキレイも自由にdesign
あなたのダイエタリーライフがここにみつかる

  1. トップ
  2. 特集
  3. 若見えメイクの基本!ファンデの種類とポイントを伝授

若見えメイクの基本!ファンデの種類とポイントを伝授

 

いつまでも若くいたい。女性なら誰しもそう思うのではないでしょうか。

 

でも若々しさを保つためにはエステや化粧品など、お金がかかってしまいますよね。そこで今回は、メイクだけで簡単に印象をチェンジできる若見えメイクの基本について記述します。

 

基本の若見えポイントをしっかり押さえて、見た目年齢-5歳を目指しましょう。

 

若見えポイントはファンデーションにあり

 

 

見た目の年齢を左右するのはやはり肌。みずみずしいぷるんとした肌はそれだけで若々しくキレイです。

 

下地を必ず使うこと

 

化粧下地はファンデーションを肌にくっつきやすくしてくれるノリの役割をしてくれます。ファンデの持ちもよくし、老け見えの原因である厚塗りも防いでくれます。また、肌の凹凸をカバーし、肌色を明るく見せてくれるので下地はぜひつかいましょう。

 

水分の多いリキッドファンデは若見え効果抜群

 

若見えメイクを目指すなら、パウダータイプよりリキッドタイプを選んでください!

 

しっとりと肌に馴染むので、潤いのあるツヤ肌若見えのベースメイクができます。

 

リキッドファンデの中でも、保湿成分やスキンケア成分が配合されたものの方が、よりツヤ感が生まれ、若見え効果がアップしますよ。

 

消したいシミやそばかすには柔らかめのコンシーラー

 

 

カバー力のある固めのコンシーラーを使っていませんか?

 

固めのコンシーラーはたしかにシミをしっかり消してくれるのですが、その分厚塗り感がでて若見えとかけ離れてしまいます。

 

そこでおすすめなのがリキッドタイプのコンシーラー。気になるところにポイント置きし、スポンジでポンポンと馴染ませれば、柔らかいコンシーラーでもシミやそばかすをしっかり隠してくれます。

 

パウダーファンデーションは崩れやすいところのみ

 

 

仕上げに使うパウダーやお粉は、Tゾーンやあご、小鼻などの皮脂や汗に出やすいところだけに使います。

 

目尻や目下、やほうれい線にパウダーを使用すると、シワのすき間に入りこみ、老けた印象に。

 

また、シミやシワを隠すために厚塗りしたり、重ねてマットに仕上げるとこれもまた老け顔メイクになるので注意してくださいね。

 

このように若見えメイクの基本はファンデーションにあります。

 

自然なツヤ肌を作ることで、濃いアイシャドーやリップを使っても自然な若々しさが生まれます。

 

普段のメイクをちょっと変えるだけで若返ることができたら嬉しいですよね。みなさんも若見えベースメイクで、大人女子らしい美しさを手に入れましょう。

そのほかの関連商品