恋もキレイも自由にdesign
あなたのダイエタリーライフがここにみつかる

  1. トップ
  2. 特集
  3. 幸せ女子がやっているミニマムライフのすすめ

幸せ女子がやっているミニマムライフのすすめ

 

「ミニマムライフ」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。不要なものは捨て、本当に必要なものだけしか持たないライフスタイルのことです。断捨離という言葉と同じくらい、このミニマムライフは広く知られるようになりました。

 

そこで今回はファッションのミニマムライフについてまとめてみました。クローゼットは今の自分を映す鏡。パンパンのクローゼットから卒業して、幸せミニマム女子を目指しましょう。

 

ミニマムライフ=持たない贅沢

 

物が大量に生産され、大量に消費されている現代。物に囲まれて暮らすことが豊かな生活だと言われていました。

 

しかし、欲しいがままに購入した洋服やバッグ、靴の中で、長い目で見てずっと使うことがきるものはいくつありますか。山のようにある大量の洋服は本当に必要でしょうか。

 

ミニマムライフは、そんな「欲しい、足りない」という気持ちを捨て、コンパクトに生きていくということがポイントです。

 

部屋やクローゼットがスッキリすると心もスッキリする

 

 

いらない洋服を少しづつ処分していくと、クローゼットや部屋が散らからないので掃除が楽になります。掃除が楽になれば、毎日続けることができ、キレイな部屋をキープすることができます。部屋が整うことで心も整い、自然と丁寧な暮らしを心がけるようになります。

 

いつか着るの「いつか」は、ほとんど来ないと思ってくださいね。

 

洋服が少ないと、毎朝のコーディネートで悩む必要もなくなるので、ストレスフリーなファッションライフを送ることができます。また、あるものの中で着回しやコーディネートを考えるようになるので、小物を取り入れてみたり、自然と新しいスタイルを楽しめるようになりますよ。

 

ただ、ミニマムライフの基本はあくまでも「快適に暮らせる」ということが前提。自分にとって快適な暮らしを送れる、必要最低限の量は持っておくことが大切です。

 

例えば水や食品のストック、常備薬などは、災害やいざというときのことも考え多く買い置きする方もいます。それと同じように洋服やバッグや靴も、必要な分またはないと困る分に関しては、ある程度持っておきましょう。

 

「生活の質が変わる」ミニマムライフ

 

 

ミニマムライフは洋服などを極端に減らすということではなく、不要なファッションアイテムにいらないエネルギーを使わないということなのだと思います。

 

贅沢=必ずしも豊かではないという今時代。物を持たない生活は、今ある洋服や自分を大切にしそれを認めるということです。必要なものだけ、大好きなアイテムだけがある空間こそ、本当の幸せや贅沢を感じられるのではないでしょうか。

そのほかの関連商品