恋もキレイも自由にdesign
あなたのダイエタリーライフがここにみつかる

  1. トップ
  2. 特集
  3. 10代じゃないと上がらない?基礎代謝をあげるダイエットのコツ

10代じゃないと上がらない?基礎代謝をあげるダイエットのコツ

基礎代謝を上げないとダイエットは成功しない?

「基礎代謝」という言葉を聞いたことがありますか?

 

基礎代謝とは、なにもしなくても生命活動を維持するために体が必要として消費するカロリー量のことをいいます。

 

つまり、運動をしなくても、ただ横になっているだけでもカロリーは消費されていて、そのなんにもしなくても消費されるカロリーのことを「基礎代謝」と言います。

 

この基礎代謝が高い人ほど太りにくい環境と言えますよね。

 

基礎代謝が高いとダイエットもしやすくなるので、ダイエッターは特に基礎代謝を高くしたいですし、今回も基礎代謝をあげてダイエットを成功させる方法を具体的に紹介します。

 

基礎代謝は年齢とともに低下する?

 

基礎代謝は、10代をピークに20代、30代と年々下がっていきます。

 

これは仕方のないことと言ってしまえばそれまでですが、それではダイエットは年齢とともに諦めなくてはならないことになってしまいます。そんなの悲しいですよね。

 

そこで今回は、20代や30代でも基礎代謝をあげてダイエットを成功させる方法を詳しく紹介していきます。

 

ではさっそく詳細をみてみましょう!

 

忙しくても朝食は抜かない

 

ついつい忙しいと、朝食をたべないことってありませんか?

 

朝食を摂ることで、体温があがり代謝もアップします。

体も目覚めますし、エネルギッシュに活動できて、更に代謝アップにつながりますよ。

 

食事の内容ですが、体を温める意味で洋食の場合はスープを、和食の場合は味噌汁などが良いですね。

 

他にも魚や豆類、卵や肉類などのタンパク質も摂るとエネルギーのもとになるので基礎代謝アップにつながります。

 

また朝食に限らず、温かいものを食べるようにしましょう。

野菜は、生のままだと体を冷やしてしまうので、温野菜が良いですよ。

 

飲み物も、冷たいものばかり飲んでいると冷やしてしまい血行が悪くなります。

温かいお茶やハーブティーなどを飲むようにすると良いですね。

最初から常に飲み物は温かいものと徹底するのは難しいかもしれませんので、少しずつ慣らしていくと良いですね。

 

体が温まって代謝アップにつながる、唐辛子やキムチなどのカプサイシンを摂るのもオススメです。

 

 

筋肉を柔らかくする&筋肉をつける

 

筋肉が硬いと血行がよくならず、代謝も悪くなってしまいます。

反対に筋肉が柔らかいと血流がよくなり血液が体の中を巡り代謝アップしやすくなります。

 

具体的な方法としては、ストレッチとマッサージをすると良いです。

 

・お風呂上りなど、体が温かい時にストレッチをすると良いです。

10分くらい、短い時間で良いので毎日続けるようにしましょう。

運動した後にもストレッチを行うと筋肉が硬くならなくて良いですよ。

 

・マッサージは、定期的に硬くなった筋肉をほぐすと良いです。

プロに自分ではできない部分をほぐしてもらうと良いですね。

 

続いて筋肉をつける方法ですが「有酸素運動」「筋トレ」「座っている時は腹筋を意識する」「立っている時はお尻を締める」「歩くときは膝の曲げ伸ばしをしっかり行う」ことを意識してみてください。

 

ウォーキングやマラソン、ダンスなど有酸素運動をすることと、スクワットや腕立て伏せなどを行って筋肉を鍛えて感肉量を増やしましょう。

 

また座っている時や立っている時、歩いている時も、腹筋やお尻、膝など、それぞれを意識すると代謝アップや筋肉を鍛えることにつながります。

 

インナーや衣類を工夫して体を温める

 

寒い時に、寒い服装で我慢していると体温は下がってしまいます。

それと同時に基礎代謝も低下します。

体温が低いと、病気にもかかりやすくなります。

痩せにくくて病気をしやすい体になってしまい、良いことがありません。

 

具体的には、インナーを着たり、タイツを履いたり、事務仕事の方などはひざ掛けを使ったり、カイロを使うのも良いですね。

とにかく体を冷やさないようにすることが大切です。

 

マフラーや手袋を使うことも良いですよ。

 

お出掛けではなくて、少し外に出るだけという場合も寒いことは我慢しないで、温める対策をしてくださいね。

 

衣類の話から下着の話もさせてください。

 

機能的な下着がいろいろあり、取り入れている方も多いかもしれません。

たとえば、ぽっこりお腹を引き締めてくれるガードルやバストアップ効果のあるブラなどがありますね。

これらを使うことがよくいなのではなく、サイズが合っていないものを使ったり、無理に使い続けることで、血行が悪くなり基礎代謝の低下につながってしまいます。

 

体を締め付ける下着のサイズは特に気を付けてください。

 

もちろん、体を締め付けるのではない下着もサイズが合っていないものを使い続けると体によくないので、常に自分のサイズを把握して自分に合う下着を身に着けてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

10代の頃は食べ過ぎてしまっても太らなかったり、太ってしまったとしても少しダイエットをすれば簡単に痩せられたのに、20代や30代になってからはダイエットしても痩せにくくなっているという方が多いと思います。

 

それは基礎代謝が低下しているからです。

 

基礎代謝が低下すると、痩せにくいだけでなく、血行が悪くなって肌荒れもしやすくなりますし、冷え性にもなってしまいます。

 

今回、紹介した方法を取り入れて基礎代謝をアップさせ、20代~30代になっても無理なく10代の頃のようにダイエットを成功させてください。

 

毎日の生活を少しだけ気にかけて、変えるだけで基礎代謝はアップします。

 

できることからチャレンジしてみませんか?

そのほかの関連商品